将来のために取っておきたい介護資格

| コメント(0) | トラックバック(0)


近年の急な高齢化にともなって介護職への需要が多くなっているため、
介護資格の資格取得が注目されています。

なかでも重宝なのが
平成25年4月より「介護職員初任者研修」と名称が変わったホームヘルバ−2級資格です。

ホームヘルパー2級の主な仕事は、
日常生活のなかで介護が必要な高齢者や障害者に食事、排泄、入浴の世話などの身体介護や、
掃除、洗濯、調理などの日々の生活援助などのサポートを行う事です。

資格取得をするためには指定の講習を受け、簡単な確認テストを受ける必要があります。

ホームヘルバ−2級の資格習得をするにあたって気になる費用は、
公的機関で学ぶのか、民間のスクールで学ぶのか、
またどのような学習方法を選ぶかによっても変わってきます。

学習手段としては通信教育、通学、
もしくは通信と通学を組み合わせた複合的な学習方法などがあります。

費用の相場として大手スクールになるほど、授業料が10万円以上と高くなり、
地域型の小さなスクールは6万円台からと費用が安い傾向が有ります。

また東京、大阪などの都市部では「6万円半ば~7万円前半」が最安の価格帯の中心です。

それ以外のエリアでは、もう少し費用がかかる場合もあります。

スクール費用が高ければ、借入することもできますが、
どうしても避けたい電話の有無は確認しておきたいところです。

各スクールでは無料で資料請求ができますので自分に合ったスクールを選んで、
高齢化に向けて重宝される介護資格の取得に結びつけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cleaneconomy.net/mt-tb.cgi/3

コメントする